快気祝いの品を選ぶときに気を付けること

快気祝いとは、

病気やケガが完治した時にお見舞いに来てくれた方に対して、

全快の報告とお見舞いのお返しを兼ねて贈る贈り物です。

 

元々は治療中に世話をかけた方全員に送るのが正式な作法とされていますが、

現在では療養中に見舞いの品を贈ってくれた方に対するお返しとして

品物を送るのが一般的になっています。

 

快気祝いの品物を選ぶときに気になるのが、

どのくらいの金額の品物を選べばいいのかです。

一般的には快気祝いの品物の金額の相場は、

お見舞いで頂いた品物の半額程度とされています。

あまり高価なものを送ってしまうと、かえって相手の負担になってしまいます。

快気祝いの品物を選ぶときは、半額を目安に検討しましょう。

 

快気祝いの品物を贈る時は、のし紙の水引きを付けて贈りましょう。

快気祝いは何度も贈る機会が無いほうがいい物なので、

水引きは紅白の結び切りにするのが正しいマナーです。

のし紙の表書きは 「快気祝」と表記します。

 

お見舞いの品はもらっていないけれど全快を報告したい相手に送る品物には、

「快気内祝」と表記することもあります。

快気祝いの品物に特に決まりはありませんが、

全快をイメージさせるような「きれいにさっぱりあとに残らない」

ということにかけた品物を選択するのが良いとされています。

食べてしまえばあとに残らない菓子類や、使った後に消えてしまう洗剤・石鹸類がオススメです。

快気祝いは全快の報告のために贈るものですから、

全快の報告とお礼の言葉を記したメッセージカードを添えて贈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL