快気祝いの品でダメなもの

快気祝いの品でダメなものを知ることにより、

快気祝いではこの品目は使わないようにします。

 

また快気祝いの品で良いものの例として、

食べてなくなる品や使ってしまうもの、消えてなくなるもの等が多くなります。

このため快気祝いでは、お菓子や洗剤、石鹸等の日用品が適しているものになります。

こうした快気祝いでは、もともとは病気が完治をしたお祝いとして

お赤飯を贈るしきたりがありました。病気やけがが全快したことについて祝いをして、

お見舞いにきてくれた方やお見舞いをいただいた方に

お礼の気持ちをこめてお返しの品を贈ることになります。

 

こうした快気祝いの品物では相場は特に決まっていません。

お見舞いでの2分の1から3分の1程度の金額が目安です。

あまり高い品目は不適当になります。

快気祝いでは、病気が完全に治り退院等をしてからなるべく早い時期に先方に届くようにします。

 

また快気祝いの会を開くことによりおもてなしをすることにより

快気祝いとする場合もあります。

現在では遠方からのお見舞いを頂く場合もあり

そのお礼と病気全快の報告としてこの快気祝いを贈ることになります。

 

また見舞い客より患者さんに贈るものが退院祝い等になります。

全快をした場合には快気祝いをしますが、快気内祝いについては

病気や怪我が回復をしたお祝いを親しい方や近親者に対して渡すときに

快気内祝いを使うことになります。

また快気祝いをもらったら、お礼の手紙を出すことがマナーになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL