快気祝いのお返しの品やお返しにオススメの時期

快気祝いは全快した場合で、

快気内祝いとは、退院をした時や床上げした時に

全快ではなくても、お見舞いのお返しやお礼をする場合に

使用する言葉として知られています。

 

快気祝いは、お見舞いをしてくれた方だけでなく、

お世話になった病院の方々へ快気祝いを贈る習慣も地域によってはあったり、

快気祝いパーティーなどを行う地域もありますが、

お祝いを行わない代わりに世間一般では快気祝いを贈るようになっています。

 

快気祝いのお返しをする際、お返しの品物は、

一般的に頂いた品物の3分の1から半額が相場といわれていますが、

一律な品物を贈る方も近年では増えています。

 

快気祝いのお返しは、元気になった姿を相手に見せることがもっとも喜ばれることなので、

正式なお礼の挨拶は、体が本調子になってからでも遅くはなく、

快気祝いのお返しを遠方の方に送る時期としては、

退院から早くて10日後ぐらいが目安ですが、自宅療養やリハビリ、

定期的な通院が必要になった場合の快気祝いのお返しの時期は、

退院後1ヶ月頃に贈るのがもっとも一般的で、体調が良い時を選んで準備をするのがオススメです。

 

送る品物も一般的には、病気が後に残らないようにという願掛けの気持ちなどから、

後に残らない品物を選ぶのが良く、食品や石けんなど、食べて残らない物や、

溶けてなくなる物が快気祝いのお返しに適しています。

さらに近年では手軽なカタログギフトを贈る方も増えていて、

相手が自分の好みで品物を選べる魅力があり、人気を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL