快気祝いにはどんなものが良いか

快気祝いとは病気やけがが全快した事を祝い、

お見舞いに来て下さった方や、

お見舞い金や品物を下さった方に

お礼の気持ちを込めてお返しの品を贈ることです。

 

昔は全快した姿を見てもらうため家に招き、赤飯などをふるまう習慣がありました。

しかし最近はそういった風習はほとんど無くなり、

いただいたお見舞いのお返しという考え方が一般的になっています。

 

快気祝いにはどんなものが良いかというと、

昔からの習慣で病気が後に残らないように消える物を贈る方が多いです。

例えばボディーソープや洗剤、砂糖、お菓子類など溶けてなくなる物、

病気を水に流すという意味合いから入浴剤やタオルなども人気が高いです。

 

最近では贈った方に自由に選んでもらえるようカタログギフトや、

デパート商品券などを贈る人も増えてきました。

 

のし紙の水引は紅白の結びきりで表書きは「快気祝い」または「快気内祝い」とします。

病気やけがは一度きりで良いという意味合いで、結びきりの水引を使用します。

快気祝いを贈る時期は本人の体調が落ち着いて元気になったころにします。

退院後10日程が目安です。

退院後自宅療養をする場合は退院時に「退院内祝い」という表書きでお返しをするか、

お見舞いのお礼と自宅療養することを告げた葉書を送り、全快後に快気祝いをします。

 

快気祝いは、いただいたお見舞い金や品物の3分の1から2分の1程度の

金額の品をお返しするのが一般的です。

快気祝いは心配して下さった方やお世話になった方に元気になった事を伝え、

感謝の気持ちを表すためのマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL