大人への快気祝いとお子さんが入院した時のお見舞い、何が良い?

結婚や出産といったのだと、相場やプレゼントといった情報は多いですが、

「快気祝い」や「お子さんが入院した時のお見舞い」をしたい時、

「何をしたらいいんだろう?」というのは皆さん、結構悩んだ事があるのではないでしょうか。

 

こうした時、一番「無難」で贈った人が使ってくれるというのを考えたら、

「お金」なのかもしれませんが快気祝いの場合は、品物を贈るというのが一般的とされています。

ここで、大人の方快気祝いの相場は3,000円~5,000円となっているようですので

この金額を目安にしてみてください。

 

そして、快気祝いの品物についてですが、まず避けた方がいいのが「食品関係」です。

これは病気の種類によっては、食事制限があるからなのですが、

「せっかくの快気祝いだから、好きな食べ物を贈りたい」と考えるのであれば、

贈る相手やご家族の方に、贈っても差し支えないかをきちんと確認してからにしましょう。

 

次に、お子さんが入院した時のお見舞いに何を贈ったらいいかについてですが、

これもまず「食品関係」は治療の妨げになる可能性がありますので、避けた方がいいです。

お子さんのお見舞いは、入院期間が長い短いを問わず、

「病院生活に飽きている」事が多いので、

ベッドの上で楽しめる絵本、お絵かきセット、折り紙などの工作類をあげると、

喜んでもらえる事が多いです。

 

ちなみに、私の場合の快気祝いとお子さんが入院された時のお見舞いの定番を、

一つの例としてご紹介しますと快気祝いで物を贈るのであれば

女性ならお花、男性ならハンカチや靴下といった小物類を贈っています。

また、快気祝いを贈る相手が、友達関係がある仲の良い人だと物を贈るのではなく、

「快気祝いが出来るようになって良かったね」

という気持ちを込めて、我が家でちょっとしたお茶会や食事会をする事もあります。

もちろん、これは食事制限がない方の時ですが入院していると、

どうしても人と接する機会が限られますから、この快気祝いも喜ばれています。

 

それから、お子さんが入院した時のお見舞いには、

「小さめのお絵かきノートと色鉛筆」か「絵本」を定番にしています。

これだと退院した後も、家で使ってもらえるし病室の限られたスペースの中で、

置いておきやすいからですなのですが、

最近は「ポータブルDVDプレーヤーを持っていって、DVDを見てるよ。」という事もあるので、

そんな時は子供向けのDVDをお見舞いに選ぶ事もあります。

 

最後に、快気祝いには「病気から回復して、または症状が軽くなって良かったね」という気持ちが、

何よりも大切なので品物を選ぶにしても、そうじゃない場合でも

この気持ちが表れるようにするのも大事なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL