友人に対する快気祝い

快気祝いとは、

病気などで身を持ち崩してしまった場合の

お見舞いや看病に対する感謝の気持ちとして品を贈る事ですが、

親しい友人相手だとすれば会食に誘ってそこで品を渡すのも良いかもしれません。

 

昔は快気祝いとはそのような意味合いも込められていたので、

そこまで不思議な事と言うわけでもありません。

一般的にはいただいたお見舞い品の半額から三分の一程度の金額の物を

贈るのが妥当だと言われていますが、親しい間柄であれば

何よりも元気な姿を見せてほしいでしょうから、そこまで気にする必要は無いのかもしれません。

 

縁起や礼儀にこだわる場合は、前述の金額に加え、

症状が後を引かないという意味も込めて洗剤など、

洗い流す意味を込めてあるような形に残らない消耗品が意味合い的に喜ばれます。

 

それをのし袋やのしで包み、紅白の縁起がよい結び切りの水引でしっかりと結びます。

一度きりで繰り返さないと言う意味がこれには込められているので重要なポイントです。

意味合いが全然代わってくるので間違っても花結びの種類は使わないようするべきです。

 

こうやって作られた快気祝い品はしっかり礼儀として通じるもので、

余程の事が無い限り角が立つと言う事はないでしょう。

友人との会食で、こうやって作った品を喜んで受け取ってもらえたのならば

それに越した事はありません。

やはり感謝の気持ちを表す物ですから、相手が気にしていなくても

礼儀は不快にさせない為のもの、という心入れの結果ですから、行う事に意味はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL