妹が入院して回復し退院した際に渡した快気祝いについて

昨年の秋です。

私の妹が海外の友達がフランスで挙式するとの事で休みを貰い観光を兼ねて行ってきました。

帰ってきて自宅に向かう際、駅から出てタクシーに乗ろうとした際に

中年の女性が余所見をしていてタクシーの後方部に少し突っ込みました。

その際に妹は足に当てられて骨折。

タクシーのドアに衝撃で指も挟み右小指も骨折しました。

 

診断は1か月でした。

自宅療養リハビリすれば2か月で復帰でした。

しかし、妹は以前から右下腹部が痛いと実家に寄った際時折言ってました。

入院した際に痛みがまし調べてみたら盲腸でした。

骨折と盲腸のダブルパンチで結果手術し、12月の中旬まで入院していました。

 

退院し自宅と病院で年明けもリハビリしていました。

妹は保険も出て会社も認めてくれた休みなので安心はしていましたが、

やはり早くにも仕事に復帰したい思いでだいぶ焦ってました。

 

リハビリはだいぶ頑張って2月には何とか出社もOKだろうとゴーサインもでました。

ただ、彼女は復帰した際にお見舞いに来てくれた方々のお返しにも悩んでました。

 

実家に妹の様子も見に言った際、

「お返しってどうしたらいい?全快祝い、快気祝いどっちがいいの?」と質問されました。

私も会社で怪我や病気で休んだ者もいます。

その際にお見舞いを出した際のお返しということで多数の方が

「快気祝い」と返してくれたのでその事を教えました。

 

妹は納得しましたがまだ考えてます。

「お返しの内容は何がいい?」

実家の両親や私も話し合い、相場は渡されたお金の約三分の一くらいのお返し。

例えば、10000円だったら約3000円相当の物を送ります。

縁起の良い消えてなくなるという意味合いも込めてお菓子がベストだということになりました。

 

私の家内にも話すと、

「最近は今治タオルを送る人もいるよ。私もパート先でそれもらったし。」

と言われました。

妹に快気祝いの内容を話し、「今治タオルはなかなかいいな。」と頷いてました。

妻が今治タオルはコストを抑えるならネットの方が手数料や料金も少し安く抑えられる。

購入がそちらが良いとアドバイスしてくれました。

 

今治タオルは妹はネットで。

お菓子は地元の美味しい和菓子や洋菓子を選びました。

あとは会社の方の役職や知人、友人。お見舞いにくれた金額を考慮して彼女に選択してもらいました。

私は妹を車に乗せて洋菓子を購入し車のトランクに入れて運びました。

準備して2月頭、妹は会社に復帰し各自に快気祝いということでお返ししました。

それぞれの方に好評で「そんなに気を遣わなくていいのに。」と言われたそうです。

 

妹は仕事の遅れと完全に回復したのでバリバリと仕事に励んでいます。

あと快気祝いの品物の中に手書きで感謝のメモを一言書いて入れて渡したそうです。

 

これから快気祝いを考えている方。

もし私の妹の経験が参考になればいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL