快気祝いのお返しで贈ると失礼な物

病気になった時には、快気祝いのお返しを送ることがあります。

その時に贈ると失礼な物があり、そのことを知っておかないとトラブルになることがあります。

 

快気祝いのお返しで贈ると失礼な物は、利用したあとに残るものです。

快気祝いのお返しでは病気が治った事を祝うので、何も残らないものを送るのが普通です。

例えば食品や石鹸などを送ることが多く、タオルなども送られることがあります。

このようなものは利用しているといずれなくなるものなので、快気祝いのお返しとして使えます。

 

そうではなく家電や食器などの利用しても残るものは、お返しに贈ると失礼な物になるので送らないほうがいいです。

病気に治ったお礼の品ですから、相手に何かが残るようなものを送るのはよくないです。

 

快気祝い用の商品のカタログを見ても、大体使ったらなくなるものが中心です。

ですからもし何を送るかよく分からない時は、専門のカタログを読んで利用するといいです。

 

また送るものは地域によって違いがあるので、事前にどのようなものを送るべきか調べておいたほうがいいです。

地域によって送っていいものや悪いものが決まっていることがあり、それを知らないで送ると失礼になることがあります。

 

ただ最近はあまりこの風習が行われなくなってきたので、以前ほどは厳密な条件をいわれることは少なくなっています。

ですから基本的に利用してなくなるものを送っておけば、多くの場合問題になることはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL