快気祝いの手紙の文例のポイント

快気祝いの手紙は、

全快した喜びを共に分かち合い、

相手のことを労る祝い状でもあります。

 

例えば、職場の上司や改まった相手への快気祝いとして

差し出す手紙の文例として、まず、安堵の気持ちを伝えることが大切です。

さらに退院後の生活の励ましや、本復を祈る言葉を述べることもポイントの1つです。

 

病気の症状の不安などのマイナスとなる表現 を記載せずに、

明るい文面のお祝い状とすることが肝心で、相手の立場で考えた心遣いを大切に、

1文1文心を込めて書くことが気持ちを伝える上で大切です。

 

さらに、快気祝いのお礼状としての手紙の文例としては、

頂いた心遣いの品についてや、足を運んでくれたり、励ましへの感謝の気持ちや、

心から心配してくれたことへのお礼を、丁寧でありながらも長々とならないように簡潔に述べることがポイントで、

相手を安心させる内容を手紙に書き記すのがもっともオススメできる文例の書き方のポイントです。

 

退院できたものの、まだ全快まで至らない場合であっても、

病状について長々と説明するのではなく、本復に向けての心境や、

上司などへのお礼状の場合には、職場復帰の予定など、

前向きな姿勢を書き記すのがもっとも良い文の書き方です。

 

ここでのポイントは、前向きな姿勢の文ばかりになってしまうと、

かえって相手を心配させてしまうこともあるので、強がることなく、

自然な表現で文章を書くことで、読む相手にしっかり配慮することができる魅力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL