快気祝いのお礼状の例文

入院した時などお見舞いを頂き

退院後に快気祝いとしてお返しするのですが、

近隣に住んでいる方であれば直接お礼も兼ねて

訪ねる事が出来ます。

 

しかし、中には遠方に住まれていて中々訪ねるのが難しい場合は、

快気祝いと一緒にお礼状を添えて送る事があります。

そうした時に、お礼状の書き方で色々と悩みますが

書籍やインターネットを使って例文を参考に書くのが一般的です。

 

文章を書くのは誰もが得意ではないので、

例文をまとめた書籍等は非常に役に立ちます。

快気祝いのお礼状に限らず数々の場面で、

お礼状や挨拶文など書き方に困る事は普段の生活の中でも多々あります。

 

あくまでも、気持ちを伝えればいいので

あまりかしこまった書き方をしてしまうと受け取った側も恐縮してしまいます。

ですから、あまり固い文章を意識せずあくまでも例文は参考程度に留めておき

自分の思いを素直に書いた方が相手には良い印象も与えます。

 

友人等ごく親しい方には、「わざわざお見舞いありがとう、お蔭様で無事回復しました」

と言った様にごく簡単に書かれて快気祝いを渡すのもいいかと思います。

これが、会社の上司や先輩と言った目上の方になると、

困ってしまうのでそうした時に例文を参考に自分の気持ちも交えて

あまり長くならない様に書くようにすれば相手には、十分気持ちとして伝わるはずですし、

相手からも丁寧だと思われ、その後の関係も良好に保たれて行くはずです。

なので、あくまでも例文は参考に留めておき自分なりの言葉で書くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL