快気祝いと友引きは気にしなくて良い

知人や家族、友人が病気やけがで入院し、

退院したりした時にはできるだけ

そのお祝いをするものですが、

そのお祝いを快気祝いと言い退院できた人に

お祝いを送る風習があります。

 

こういった時の贈り物は、もらう側の人にはかなりうれしいもので有難いものです。

贈る方も心配していた者の無事を嬉しく思い、

その気持ちをより伝えやすいのがこの快気祝いなので

日本にあるかなり重要な慣習でとても価値のあるものです。

 

このお祝いを渡す時には、そのタイミングを良く考えて贈る習慣もあり

近年は特にその工夫が難しいです。

快気祝いと友引もよく贈り物をするときには不安になるものの一つで、

タイミングに合わせて贈り物をして良いものかとても不安になります。

 

せっかく贈り物をしてもタイミングの悪い時に贈ってしまって嫌な思いをさせたり、

贈ったものが嫌な思いをする事のないようにするのが重要です。

実際、快気祝いと友引は相性が悪いものではなく、

贈る日付としてはそれほど気にしなくて良いものです。

 

病気の際や出産の時でも近年は仏滅でも仕方なく行う場合もあり、

それほど意識しなくてもよい場合が多くなっています。

そのため快気祝いでも他のモノでも日付はそれほど気にせずに、

相手の個人的な予定において迷惑にならない日を選んで贈る方が重要です。

 

これらの工夫をすることでかなりお祝いを贈るのが楽になり、

相手にも自身にとってもより良い状況を生みだすことができるでしょう。

可能な限り良い日付日取りを選ぶ方が良いですが、よく考慮して贈るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL