快気内祝いとはどういうものか

快気内祝いとは病気が全快した訳では無いけれど、

一旦退院して通院になった場合などに贈る品物の事を言います。

病気全快の場合は快気祝いと言い、今では呼び方で分けています。

 

まだ治療中ではあるけれど、退院して自宅療養になった。

その場合に入院中に御見舞を頂いた方などに、お礼として贈るものです。

 

贈る品物には消耗品を選びます。

病を後に残さないという意味合いです。

お菓子の詰め合わせやコーヒー等がよく贈られます。

病気を洗い流すという意味で洗剤なども選ばれる事が多いです。

 

快気内祝いとは本来の意味からすると病気が全快したことを身近な人に知らせるという意味です。

しかし、現代では先程記述したように快気祝いと、快気内祝いで病気が全快したか、

もしくはまだ治療中かによって分けられています。

 

長い闘病生活の後に一旦退院した場合、入院はしたけれど、

結局病気は治らなかったという場合もあります。

 

お見舞い返しにも色々あります。

全快した場合にのみお礼をすれば良いというものでもありません。

そのような事から全快内祝いという名目でお見舞い返しをする習慣が生まれました。

病気が治らなかったと言う事で必ずしもしなければいけないものでもありません。

しかし、療養中のお礼をしたいと言うことで品物は何が良いという決まりもありません。

 

お見舞いを下さった方にカタログギフトを贈り、品物を決めて頂くのも良い方法です。

元気になりました。

有難う御座いましたの一言をカードに添えると安心され、喜んで頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL