全快祝いと快気祝いの違いについて

全快祝いと快気祝いの違いについて説明しますと、

快気祝いとは、主に病院からとりあえず退院したときに、

お見舞いをいただいた方やお世話になった方に報告をかねてお返しするものです。

 

一方、完全に病気が回復した場合には全快祝いとしてお返しを送ることがあります。

通常快気祝いはとりあえず全快ではないものの、病院からの退院だけはすることができ、

これからの通院が続くものの、一応ひとくぎりついた退院後10日前後ぐらいで

配って回られるか送付するのがよいと言われています。

 

快気祝いや全快祝いの品は、基本的に重ならないようにという意味で、

一点だけお返しするのが慣わしです。

お返しする品は、洗い流すとか拭い去るなどということばが縁起がいいことから、

セッケン、洗剤、タオルなどがよく使われています。

洗剤はいくらあっても邪魔にならないものですから、

この領域では隠れた人気商品ということができます。

 

またあとに残らない食品などもよく選ばれています。

金額的にはいただいたお見舞いの金額の半分ほどの品物を

お返しするのがひとつの目安となっています。

 

快気祝いや全快祝いの熨斗紙は、基本的に病気や怪我を繰り返さないように、

結び目のほどけない結びきりの祝儀用を使いますが

大げさにしないということではカードのしなどをつけることもあります。

全快祝いも快気祝いも縁起を担ぐ部分の大きいものですから、

お送りする商品にはくれぐれも気をつけて選択してくことが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL